ニキちゃんねる@おんJなんJ

    MLB


    MLBロゴ


    1 風吹けば名無し :2018/01/20(土) 19:26:47.95 ID:crAxFSe40.net

    フロリダで新発見のハチ、イチローにちなんで命名 論文でマーリンズ批判も
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00010001-baseballc-base
    学名を「Diolcogaster ichiroi」と名付けられたのは、フロリダ州で発見された
    新種のハチだ。発見者のホセ・フェルナンデス・トリアナ氏は、
    ハチの名前の由来として、次のように記述している。

    「私のお気に入りの野球選手で、史上最高の選手のひとりである
    特別で注目すべきイチロー・スズキにちなんで、
    この特別で注目すべき種は名付けられました。
    この論文の研究を行っているときは、イチローはまだフロリダでプレーしていて、
    フロリダで発見されたこの種に彼の名前を命名することは意味をなしていました」

    「残念ながらマーリンズの新オーナーはイチローを放出し、
    多くのマーリンズファンから評判が良くない選択を嫌われています。
    他のメジャー球団が世界の安打王に素晴らしい野球のキャリアを
    続けるチャンスを与えることを願っています」
     
    フェルナンデス氏はお気に入りの野球選手であるイチローに
    ちなんで命名したと記述。さらに、マーリンズの新体制も論文上で
    批判する離れ業を見せた。


    続きを読む
    • カテゴリ:


    MLBロゴ


    1 風吹けば名無し :2018/01/20(土) 11:56:31.54 ID:Fdc9YiRfa.net

    大リーグ機構が、試合時間短縮策として投球間隔を20秒に制限するルールなどを今季から強制的に導入する方針であることが18日、分かった。
    大リーグ選手会は20秒ルール導入を拒否しているが、機構側が権限を行使し、選手会の合意なく導入する方針だという。

     投球間隔の20秒制限は多くの投手に影響を与え、特にダルビッシュ(ドジャースFA)、田中(ヤンキース)、前田(ドジャース)ら日本投手にとって受難となる可能性がある。
    昨季の投球間隔データによると、メジャー投手全体の平均は22秒だが、ダルビッシュは平均26・2秒で100投球回以上の先発では両リーグ3番目に長く、田中は26・0秒で同5番目、前田は25・8秒で同8番目と、投球動作速度を大幅に修正する必要があるためだ。

     新ルールは、今月末からのオーナー会議で承認を得れば、導入が決まる。


    続きを読む
    • カテゴリ:

    イチロー②



    1 風吹けば名無し :2018/01/18(木) 06:55:26.48 ID:4hrR4LHl0.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000004-dal-spo
     米大リーグ、マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)の移籍先候補にジャイアンツが浮上していることが16日(日本時間17日)、分かった。関係者が明かした。例年以上にFA市場の動きが遅く、正式オファーは届いていないが、メジャー18年目のシーズンに向けて辛抱強く待ち続ける。

     昨年11月のFA申請から2カ月あまり。メジャー18年目の契約オファーを待つイチロー。ここまで古巣マリナーズや若手主体のパドレスなどが移籍先の候補として挙がっているが、交渉に大きな進展はなし。そんな中、新たなターゲットとして明らかになったのがジャイアンツだ。

     西海岸のサンフランシスコを本拠地とするジ軍について「代理人が話をしていると聞いている」と関係者。今オフのジ軍は外野陣補強を課題に挙げ、新右翼としてパイレーツとのトレードでベテランのマカチャンを獲得。現在は正中堅手を探しており、控えも手薄な状態。過去に大きなケガがなく、最近3年は“第4外野手”の役割をこなしてきたイチローにとって最適の球団と言える。


    続きを読む
    • カテゴリ:



    (出典 www.sanspo.com)



    続きを読む
    • カテゴリ:


    MLBロゴ


    1 風吹けば名無し :2018/01/13(土) 18:06:37.00 ID:8qlhn5jPa.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00102044-fullcount-base
    メジャー復帰を熱望した往年の名手ラファエル・パルメイロ氏が
    「日本に行くことになるかも」と発言したことについて
    NPBでプレーした経験を持つ選手たちから批判的な声が上がっている。

    メジャー史上4人目となる3000安打&500本塁打を達成したパルメイロ氏は
    53歳になった今も現役復帰を目指していることを明かし、MLBの専門テレビ局「MLBネットワーク」で
    「まだ自分はできると思う」とコメント。「昔に比べて速球派が増えた気がするけど
    かつての自分も速球には自信があった。野球自体は変わらないはずだ」
    と話した後に、「オファーは…まだないね。日本に行くことになるかもね」と冗談交じりに語った。


    続きを読む
    • カテゴリ:

    このページのトップヘ