ニキちゃんねる@おんJなんJ

    パ・リーグ



    (出典 mainichi.jp)





    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/23(木) 03:14:48.24 ID:2hcbWREka.net

    日本ハム大谷翔平投手(22)が、侍ジャパンの激闘にパワーをもらい、反撃への口火を切った。

    1点ビハインドの9回先頭。巨人新外国人カミネロの154キロ直球に
    「速かったですね」と目を丸くしたが、中前へとはじき返した。
    レアードが右前打で続き、松本のスクイズ(結果は犠打野選)で同点とし、相手ボークで逆転に成功した。

    この日のWBC準決勝米国戦は、三塁側ロッカールームのテレビを通して戦況を見守っていた。
    惜しくも1点差で敗れたが「素晴らしい試合だったと思います。力になりたかったですけど
    出来なかったのは残念だった」と、悔しさもにじませた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01796113-nksports-base


    続きを読む



    (出典 image.moshimo.com)





    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/15(水) 12:13:37.01 ID:A9Ha2vrca.net

    第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す侍ジャパン。
    そんな侍たちの戦いにネット裏から熱視線を送っているのが、メジャーのスカウトたち。
    なかでも今オフ「状況次第でポスティング移籍の可能性がある」という侍3選手の評価が急上昇中だという。
    オランダ戦では5失点したものの、日本の開幕投手を務めた石川歩投手(28=ロッテ)が、高い評価を受けている。
    7日のキューバ戦では4回2安打1失点と好投。石川を狙っているというア・リーグのスカウトは
    「岩隈(マリナーズ)のように活躍できる可能性を秘めている」として、こう続けた。


    続きを読む



    (出典 www.fighters.co.jp)





    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/14(火) 05:03:04.11 ID:U0Jh7VAa0.net

    大谷 開幕二刀流浮上 栗山監督「投手も間に合うかもしれない」
    スポニチアネックス 3/14(火) 5:00配信

    右足首を痛めて再調整を進める日本ハム・大谷翔平投手(22)が、二刀流で開幕を迎える可能性が浮上した。
    14日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)で、まず打者として1軍復帰。
    栗山英樹監督(55)は、当初は間に合わないとしていた開幕からの投手出場にもターゲットを向けていく考えを示した。
    31日の西武との開幕戦(札幌ドーム)で大谷は打者のみでの出場の見込みだったが、今後の患部の状況次第では開幕ローテーション入り、
    さらには3年連続開幕投手にもいちるの望みが出てきた。
    栗山監督は13日、札幌行きの便を待つ岡山空港で言葉を選びながら、新たな可能性を口にした。
    「投手は投手として(調整を)進めるし、打者は打者として進める。
    どっちが早くなるか分からない。これから投手の方も進めるので。間に合うかもしれないので」
    大谷は14日に本拠地オープン戦で1軍合流。
    開幕でのDH出場が最大目標だと思われていた。
    11、12日にイースタン教育リーグにDHで2打席ずつ出場。
    患部について「問題はない」と話した。
    一方で12日は鎌ケ谷の室内ブルペンで、軽めながら7球、1月22日以来の投球練習。
    足首の負担を軽減する投球用のハイカットのスパイクを採用した右腕に、
    栗山監督は「肩ができているので」と本格投球再開が近いことを示唆した。
    札幌ドームは土より負荷がかかる人工芝。
    指揮官は「ここからが難しい。
    相当怖いからね」と、注意深く足首の状況確認を行う構えだ。
    一方で2月初旬に一度は否定した投手として開幕を迎える可能性が、再浮上した。
    開幕ローテーションについて前日「開幕投手だけで決めているわけじゃなくて、並びが決まらないから苦しんでいる」とした栗山監督。
    全てが順調なら…。31日のマウンドに大谷が立つ可能性もゼロではない。 (春川 英樹)


    続きを読む



    (出典 www.kahoku.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/04(土) 08:02:08.47 ID:eGhHZNWi0.net

    楽天嶋WBC辞退 梨田監督「選出できるレベルではないと伝えたが…」

    楽天・梨田監督が侍ジャパン、嶋基宏捕手の代表辞退にチーム監督として取材に応じた。
    嶋捕手はキャンプ序盤に痛めた右ふくらはぎの回復状態が思わしくなく、回復を待っていた中での無念の辞退。
    3日にオープン戦のため倉敷入りした梨田監督は「辞退とは聞いた。代表合流後も患部の回復が思わしくなかったらしいからね。」とコメントした。

    嶋の選出については小久保監督と話し合いを持っていたことを明かし、「(球団としては)厳しいのではないかという話はしていたが、小久保監督が回復を待ってでもぜひと言ってきた。
    そこで僕からは『使うからには最後まで連れて行ってくれ』と言わせてもらったんだけどね。嶋には切り替えて貰って開幕に照準を合わせてくれたら。」と奮起に期待した。


    続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    続きを読む

    このページのトップヘ