ニキちゃんねる@おんJなんJ

    セ・リーグ


    no title


    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 18:35:35.54 ID:kLx6FJR/0.net

    「中日ドラゴンズ×花火のドラゴン」のコラボを実現し、中日打線に火を噴かせたい!

    https://camp-fire.jp/projects/view/26730

    花火の「ドラゴン」と「中日ドラゴンズ」の限定コラボ商品をつくるためのプロジェクトです。
    中国産花火に押され苦境に立たされる国産花火の代表「ドラゴン」と、 ペナントレースにおいて本領発揮が望まれる「中日ドラゴンズ」が手を組むことで互いの”復活”を願います。

    これまでありそうでなかった、花火の「ドラゴン」と「中日ドラゴンズ」の限定コラボ商品を企画しました。 目標が10個入り1パック、限定800セットです。

    きっかけは、前回のプロジェクトの際に数々のメディアに出させていただくなかで、熱狂的な中日ファンであるフリーアナウンサーの方から取材を受けたこと。
    ちょうどその頃、中日ドラゴンズの調子が悪く「ドラゴンが復刻したなら、それにあやかりたい」とのことで取材にお越しになったのでした。

    よく「同じ愛知だから、ドラゴンって名前は中日ドラゴンズが由来になっているの?」と聞かれるのですが、まったくの偶然。
    ただ、言わば同郷の仲で、いま元気がないという点では花火業界も当社も、ドラゴンズも同じかもしれません。
    だとすれば、いっそのことコラボ商品をつくって、花火らしくみんなで楽しんでもらいながら、お互いが盛り上がるきっかけになればと思い、当プロジェクトを企画しました。

    ご存知の通り中日ドラゴンズは2011年のペナントレース優勝を境に成績が落ち、昨年はとうとう最下位に・・・。
    今年のオープン戦も本来のドラゴンズの力が発揮されていないようで、とても残念です。先日、ナゴヤドームへ行って応援してきました。
    チケットには「原点回帰」と書かれておりました。ペナントレースも始まったところ。これを機に、皆さんで盛り上げていきましょう。

    もちろん、コラボできるかどうかわからないものをただ「やりたい!」と言っているわけではなく、すでに中日ドラゴンズさんに提案し、コラボ商品をつくることをご了承いただいております。
    サンプルを製作するにあたって球団ロゴやドアラのデータもご提供いただきました。あとは、球団側へお支払いするロイヤリティを含め、資金さえあれば、実現することができます。

    目標達成して製作できるようになりましたら7月上旬の完成を目指して仕上げていきます。
    皆様にはそれ以降順次に発送して参ります。

    また、7月の中旬に完成披露会を地元岡崎で開催しようと思っております。


    続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 08:54:02.11 ID:1XYvlIHi0.net

    下半身の張りから3軍で別メニュー調整中の巨人陽岱鋼外野手(30)が、3月下旬以来となるフリー打撃を再開した。

    ジャイアンツ球場の室内で、打撃投手とマシンを相手にマスコットバットで約170スイング。「バッティングは問題ないです。ダッシュはまだ様子を見ながらですが、状態は少しずつよくなっています。そろそろ全体練習にも参加できそうです」と上昇を伝えた。


    続きを読む



    (出典 www.jcb.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/12(金) 14:10:10.75 ID:gTRF2mrV0.net

        得点 失点  
    阪神 140  118  +22   
    広島 178  161  +17
    巨人 120  104  +16
    横浜 128  141  -13
    ヤク 120  134  -14
    中日 109  137  -28  


    続きを読む



    (出典 baseballking.s3.amazonaws.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/(3段) (ワッチョイWW 93fc-Pgto) :2017/05/13(土) 16:28:40.92 ID:H2s6xMFK0.net

    はい

    (出典 imgur.com)
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    続きを読む

    このページのトップヘ