ニキちゃんねる@おんJなんJ

    セ・リーグ



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/27(木) 00:13:47.73 ID:giDZ0Ysqa.net

    ●大野(中)  
    10点のリードを守りきれず。2本塁打を浴びるなど5失点。「後ろのピッチャーに申し訳ない」

     ●伊藤(中) 
    サヨナラ本塁打を浴びる。「不本意な一球です。しっかりつないでいけば勝てる可能性はあった」

     ●近藤投手コーチ(中) 
    投手陣が崩壊。「選手を責めるわけにはいかない。こうなったのは全て僕の責任。
    申し訳ない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000087-asahi-spo


    続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/25(火) 23:03:14.11 ID:23To97p0x.net

    広島 57勝31敗2分 勝率.648
    横浜 46勝40敗3分 勝率.535


    なに


    続きを読む



    (出典 diarynote.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/24(月) 21:24:15.78 ID:6izeHj6/x.net

    ?後半戦開幕のスワローズ戦で快投を披露した今永昇太に続き、2戦目のマウンドに立ったのはJ.ウィーランド。過去9試合に先発してクオリティ・スタートを逃したのはわずかに1度の長身右腕は、この日も安定していた。
    ?直球をコースに投げ分け、ナックルカーブで幻惑した。8回105球を投げて、3安打、7奪三振。最後は山﨑康晃にバトンを渡し、虎の子の1点を守り抜いた。

    ?昨シーズンが始まるころ、マリナーズの一員として先発の一角を担えると信じていた。しかし、メジャーでの登板機会は8月の1度きり。やがて、翌シーズンのメジャー契約の可能性は極めて低いことを悟る。

    ?そこに舞い込んできたのがベイスターズからのオファーだった。
    ?「日本というより『アジアから?』というのが第一印象だった。ほとんどアメリカから出たこともなかったからね。いろんな人に話を聞いてみたけど、野球のレベルは高いし、日本の球団でプレーすることは何も恥ずべきことじゃないと言われた。
    日本でいい結果を残して、さらに大きなチャンスを得られる可能性だってある。何より、マイナーじゃなくてメジャー、一軍で投げられるということが大きな決め手だった」

    ?異国の野球にはすんなりと適応した。メジャー球よりも縫い目の高いボールはウィーランドの手によくなじんだ。マウンドの固さの違いも、キャンプ地の沖縄で投げているうちにすっかり慣れた。

    ?日本に来て約半年。最も印象深かった出来事を問われて、こうなつかしむ。
    「初日からチームのみんなが温かく迎えてくれたこと。ぼくが日本語を学ばなければと思う以上に、彼らは英語を学びたいという姿勢を示してくれた。誰も距離を置こうとしなかった。これには本当に感動したよ」

    ?まさにそんな話をしている最中、横を石田健大が通りかかった。取材に答えるウィーランドに意味ありげな流し目を送りながら。
    「いまの見たかい? あんな感じでいつもからんでくるのさ」

    ?ベイスターズに溶け込み、日本の野球にアジャストしたウィーランドにも課題がないわけではない。特に、コツコツと当ててくる左打者に苦しめられているという。
    「2ストライクまでは簡単にとれても、そこからファウルが続いて、なかなか空振りがとれない。前回のドラゴンズ戦もそういう場面があった。どう対処しなければならないかという点は、まだ模索しているところだね」

    ?コンパクトなスイングで粘る打者に苦戦している時、マウンドに駆け寄って言葉をかけてくれる“先輩”がいる。
    ?ウィーランドはいたずらっぽい笑みを浮かべて明かす。
    「ロペスがこっそり、この球を投げろってヒントをくれるんだ。実際、その球を投げてアウトを取れたこともある。彼からは毎日、アドバイスをもらっているよ。グラウンドの中でも、外でもね。本当に尊敬できる存在だ」

    ?右ひじの張りのため一度は戦線離脱しながらも、ここまで10試合に投げて4勝2敗、防御率は2.19。
    ?2ケタは十分に手が届きそうだが、慎重な物言いに徹する。
    「『10勝を期待してください』とは言えないけど、『ぼくが投げるすべての試合で勝ちを期待してください』とは言える。20試合投げて防御率0.00でも、0勝0敗ということはありえるわけで、そういう数字を見てもしょうがない。
    自分にできることは、いかにチームの勝利に貢献できるか。それだけだと思う。そのためにできる限りのことをしていきたい」

    http://www.baystars.co.jp/column/forreal/170724/?p=top


    続きを読む



    (出典 info.yomiuri.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/26(水) 03:21:34.22 ID:ih7OhC3H0FOX.net

    ソースは朝刊


    続きを読む

    このページのトップヘ