ニキちゃんねる@おんJなんJ

    野球雑談



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/23(日) 05:39:10.01 ID:sztVxKJap.net

    独立L兵庫の井川慶投手(38)が、関西BFL選抜の一員として楽天との育成試合に先発し、最速142キロの速球と変化球を織り交ぜる熟練の投球で5回1失点に抑えた。
    2-0の5回に1点差とされ、なおも1死一、二塁のピンチで、オコエを内角速球で三振に打ち取るなど、3打数無安打に封じ「何打席か対戦しているので、どういう打者か分かっている。思い描く投球ができた」と、オコエ斬りにうなずいた。
    存在感を発揮したベテラン左腕は「今は1年間、しっかり戦うことが目標。その後のことは、シーズンが終わってから考えます」と話した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-01860140-nksports-base


    続きを読む



    (出典 full-count.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/21(金) 12:30:10.85.net

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/1856630_m.html?mode=all
    イチロー「今季で引退ない」通訳語る、米地元紙報道

     地元紙マイアミ・ヘラルド電子版によると、今季終了後の引退は考えていないと通訳が語ったという。ただし、マ軍が再契約する可能性について同紙は「考えづらい」との見解を示した。来季契約は1年200万ドル(約2億3000万円)で球団が選択権を持つ。


    続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/21(金) 06:40:58.39.net

    63年弱生きてきて産まれてはじめて野球場の客席でお酒を飲む。 ずーっと夢だったんだって。
    ほら、いつだって野球は「仕事」だったからさ。 野球を見ながらお酒を飲む こんな贅沢な事はない。
    俺は俺で右耳で父の生解説。 今日はお互いにいい日だ

    https://twitter.com/fukushi_o/status/887999305885270017


    続きを読む



    (出典 baseballer.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/20(木) 23:00:42.09.net

    プレー以外の面もカッコよかった松井稼頭央

     ほかにも鮮烈だったのは松井稼頭央(当時西武、現楽天)が出てきたときですよね。足が速くて、肩も強くて、打っては打率も残せて、
    ホームランも打てて……しかもスイッチヒッターでしょ!! まさに攻守走すべてそろっている選手ですよね。

     10年間在籍した西武時代は4年目から7年連続で打率3割、5年連続で2ケタ本塁打。ショートではリーグ最多の7年連続でベストナインを受賞。
    さらに9年目の2002年にはスイッチヒッター初のトリプルスリー達成ですからね。全盛期の松井稼は本当にヤバかった~!!

     プレー以外の面も何もかもがカッコよくて、それこそマニアックな部分では塁に出たときにズボンのポケットに入れた際の“手袋のはみ出し具合”まで、
    いいなぁと思っちゃいましたもんね。ほかの選手よりもはみ出しの割合が多くて、6割くらいを出していたんですよ。動くと、ズボンのところでペロンペロンって
    手袋が揺れて、それがまた、いちいちカッコいいんですよ(笑)。

     現在の球界のショートでは巨人の坂本勇人がやっぱりNo.1ですかね。若手で言えば楽天の茂木栄五郎、西武の源田壮亮も「いい選手が出てきたな~」と
    思いますね。いずれにしても今シーズンが終わったときに発表される両リーグのベストナイン、ゴールデン・グラブ賞のショートがそれぞれ誰になるのか……
    優勝争い同様に楽しみでなりません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170719-00000008-baseballo-base&p=2


    続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/19(水) 17:00:07.38 ID:vySXRdZP0.net

    2016年春先の試合にて


    続きを読む

    このページのトップヘ