ニキちゃんねる@おんJなんJ



    (出典 baseballplayer18.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/12(金) 00:03:55.77 ID:EcI9Gvtw0.net

    米大リーグのベテラン記者も首をかしげる内容だった。カナダから初めて米野球殿堂入りしたボブ・エリオット記者から7日、
    米野球専門誌『ベースボール・アメリカ』のサイトアドレスが送られてきた。

     開いてみると、今季途中から横浜DeNAの抑えを務めている新外国人スペンサー・パットン投手(29)=前カブス=が
    寄稿したコラムだった。「どこでプレーしても野球は野球だと思ったら大間違いだ」と日米の野球文化の違いをテーマにしていた。

     パットン投手によれば、米国ではコーチが質問を歓迎。それによって選手の理解も深まると指摘している。
    一方の日本は「歴史、伝統、そして敬意が最も重要。『なぜ?』と聞くと、たいていの場合は『これが日本のスタイル』と返答される」そうだ。

     例に挙げていたのが、春季キャンプでのバント処理の練習。シンプルで効率的な方法を提案したところ、投手コーチから「何様?」という
    顔をされた上、その練習より難解な説明を受けたという。3回1死三塁で内野が前進守備をする理由や、野球の練習よりウオーミングアップや
    ストレッチに時間を割く理由を尋ねても、「日本のスタイル」で片付けられてしまうと書いている。

     「日本では『なぜ?』と尋ねたいことがあっても、『これが日本のスタイル』と自分に言いきかせる。そうすればすべてうまくいく」と締めていたが、
    この姿勢では文化的なギャップは埋まらない。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170511/bbl1705111530002-n1.htm


    続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/12(金) 01:29:29.94 ID:fJ3Kjl+cH.net

    デビュー3戦連続無失点

    意外と逸材っぽい


    続きを読む

    このページのトップヘ